スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

この国の現状は、まさにJAPAINですね

 手詰まり感が色濃い福田康夫政権。揮発油(ガソリン)税の暫定税率問題などに手を焼き、改革への歩みは止まったかのようだ。中長期的ビジョンはどこへやら、閉塞(へいそく)感すら漂う。そんな日本の現状は海外から容赦ない視線を浴び、「JAPAiN」(英誌エコノミスト)と揶揄(やゆ)されている。規制緩和をはじめとする改革の停滞が日本に痛み(PAIN)をもたらしているというのだ。
Yahoo!ニュースより引用

JAPAiNとは、うまく付けたものです。
英マスコミの言うとおり、本来であれば政治が問題を解決するはずなのに、日本の場合、その政治自身が問題との指摘はズバリといった感じです。

やはり、戦後一つの党が長期に渡って、政権を取ってきたことが問題の一つのように思います。

ただ、英マスコミは、与野党ともに批判しているのですが、確かに英マスコミの意見も分かるんですが、日本人としてみれば、自民党以外に、選ぶとしたら、民主党以外見当たらないということも、事実なわけです。

自民党よりはましという意味では、民主党に政権を担当してもらうことで、今まで出てこのなかった問題を表面化して、徹底的に政治の膿を出してほしいものです。

合わせて思うことは、日本のマスコミにも横並び意識が強く、政治との癒着した構造が、政治の腐敗を助長していたようにも感じますし、私が思うに、日本のメディアに対して、もう少し新規参入の規制緩和もすることで、幅広い独自の意見を持つメディアが必要なのかなと思います。

日本のメディアの数とほかの国のメディアの数を比べた場合、圧倒的に日本のメディアの数は少ないですからね。
これでは、構造的に恣意的な動きが働きやすいといわれれば、否定することは難しいと思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080405-00000929-san-int

大塚家具
色彩心理学
試供品
フランフラン
スピリチュアル
エバメール
ドモホルンリンクルン
ゲルアンドゲル
ドクターシーラボ
ライスフォース
スポンサーサイト
00 : 35 : 01 | 痛いニュース | Comment(4) | UP↑

| ホーム |

SPONSORED LINK

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。