スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

FA資格取得期間の短縮問題について

 日本プロ野球組織(NPB)と日本プロ野球選手会(宮本慎也会長=ヤクルト)は22日、東京都内でフリーエージェント(FA)資格取得期間の短縮問題について協議したが、結論は3月末の期限まで先送りとなった。
イザより引用

FA資格取得期間の問題は、以前から指摘されていました。
どう考えても、FA資格取得期間が9年というのは、選手に対しての縛りであり、球団側の怠慢と言っていいでしょう。

選手の立場に立って考えたとき、7年でも長い気がしますが、9年よりはまだましです。
個人的には、5年ぐらいがいいのではと思いますが、そこは球団側との軋轢が生まれるところなので、交渉次第ということでしょうね。

ただ、NPB側に言わせると、国内外とも7年程度に短縮すると選手流失を促進すると言っているそうだが、逆に選手にとっては、より多くの機会が得られることにつながりいいことではないかと思う。

日本人はどうしても、変化に対して閉鎖的な部分が感じられ、内向き思考が強い感じがする。
私から言わせれば、選手が仮に流失したとしても、今度は逆に外から選手を流入させればいいのだはと思う。

NPB側には、常識に捉われない柔軟な考えをもって頂きたいものです。

日本プロ野球界のためにさらに言うならば、サッカーのJリーグのように、一部、二部制を日本プロ野球に導入することにより、選手同士のより一層の競争意識が芽生え、より質の高い選手が育つと思うんですがね。

ぜひ、Jリーグのいいところを、プロ野球にも導入して頂きたいものです。
スポンサーサイト
12 : 12 : 44 | 痛いニュース | TB(0) | Comment(1) | UP↑

<<環境技術をてこに日本の存在感をアピール | ホーム | ドラゴンボール実写版、孫悟空役が決定!!>>
コメント
ルネサンスガイド
ルネサンスの検索サイト。スポーツクラブ、曳舟、亀戸、スポーツ、浦安などルネサンスに関する各種情報をお届けしています。 http://marge.hartmerrell.com/
by: * 2008/11/30 13:11 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

SPONSORED LINK

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。