スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

道路特定財源の問題はどうなるんでしょうね

 民主党は12日、菅直人代表代行と東国原英夫宮崎県知事らによる道路特定財源の一般財源化や暫定税率に関する公開討論会を、19日に東京・紀尾井町のホテルニューオータニで開催すると発表した。傍聴者の一部を民主党ホームページで一般募集する方針。討論会は全国知事会長の麻生渡福岡県知事や、民主党衆院議員の逢坂誠二前北海道ニセコ町長を含めた4人で行う。また、民主党は暫定税率廃止の署名集めも検討している。
izaより引用

東国原知事が、なぜ道路特定財源を必要としているか。
それは、宮崎県に企業などの工場を誘致したいと考えているからでしょうね。

企業の工場の誘致が実現すれば、税収も増え借金の返済も余裕がでますから、そういった意味で道路特定財源が必要と考えているのでしょう。

ただ、道路特定財源について報道で見ていると、道路利権となってしまっていて、無駄遣いがあとが立たないのが実情です。

そのな無駄遣いは、国民は絶対許さないでしょうからね。

東国原知事のおっしゃっているのは、最低限必要な道路がほしいということで、せめて県庁所在地には主要な道路インフラを整備してくれということなんですが、やはり問題となってくるのが費用の問題です。

だから、東国原知事は、道路特定財源が必要だと言っているんでしょうけどね。

道路特定財源の問題について、私なりに思うことは、国が地方に特別会計のお金を与えるということは、白鳥にえさを与えることに似ている気がします。

実際にあった話だそうですが、公園に毎年やってくる白鳥にエサをあげていた老人がいて、その老人が死んだらエサを頼りにしていた白鳥が全滅したらしいです。

このことから、学べることは軽々しく人や動物にやさしくするということは、ある意味凶器にもなりうるということです。

今の話を、道路特定財源の話に置き換えれば、老人が国で、白鳥がまさに地方自治体です。

このことからも分かるように、国は無責任です。
地方自治体は、老人のエサに期待していた白鳥だと自覚すべきです。

地方自治体は、今こそ、自立するべき時なんだと思います。

財源がなければないも出来ない?
確かに、財源が確保できないのは辛いと思いますが、そういう時ほど知恵を絞るときなんだと思います。

例えば、宮崎県の場合なんかですと、企業誘致のために道路が必要のことでしたが、中には道路インフラにファンドがお金を出資するというケースもあります。

豪州のマッコリーというファンドは、道路インフラ、航空インフラに出資していることで有名で、そういう会社にコンタクトを取ることも出来るのではないでしょうか。

地方が自立するためにも、地方分権が進むことを切に望みます。

試供品
試供品
スポンサーサイト
20 : 25 : 01 | 痛いニュース | Comment(2) | UP↑

<<コーヒーかすからバイオエタノールが作れるとは | ホーム | ヤフーが買収提案を拒否しましたね>>
コメント

地方分権が進むのは、これまでの財源が確保されて、自由なアイデアで行政が執行できればいいんでしょうけど、あなたの考えのようなやり方では、絶対地方分権は進みませんよ。地方切捨て格差社会は進みますが。・・・
by: 通りすがり * 2008/02/14 00:00 * URL [ 編集] | UP↑
ボクシングジム総合案内所
ボクシングジムの検索サイト。東京、大阪、横浜、埼玉、キックボクシングジムなどボクシングジムに関する各種情報をお届けしています。 http://fascinating.tallmadgetitans.com/
by: * 2008/11/14 15:09 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

SPONSORED LINK

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。